Altenaxiv作品の感想窓口について

どもども、昨日ローンチ後から多くの人に読んで貰えているようで作家共々、大変ホッとしております編集Sです。

 

今回は、オルタナシブの連載作品紹介vol.2……と思いきや、ちょっとその前に頂いた下記の質問にお答えする内容を書いておこうと思います。

(連載作品紹介も早めにまとめます…頑張ります…!)

 

今回、頂いたご質問ですが

『感想は、どこに伝えれば(書けば)良いの?』

というものです。

 

こちらにこれからお答えしていきます!

続きは以下から!

 

…さて、感想についてですが幾つか場所が御座います。

 

まず、1つ目ですが、意外と見落としがちなここ。

各pixivコミックの作品ページ

 

意外や意外。かなりの確率で見落としてる方がいるので、まず上げていきますが、ここを使用して貰うのが一番早いかもしれません。場所がいまいち『?』となっている方の為に、魔法使いの嫁ページにてチェックを入れてみました。以下をご覧下さい。

 

f:id:alternaxiv:20160909153300p:plain

 

赤い丸部分、ここです!ここに思いの丈を書き込んじゃってください!ちなみにこのページにて書くとメリットとデメリットは↓な感じです。

 

■メリット

Twitterには書ききらない文字数の思いや、ちょっと言いづらい事も書ける。

出版元もpixivさんも確認出来る為、反響から続刊等を決めやすい。

 

■デメリット

Twitterと違って、気軽には書きづらいかも。

視覚的に自分の感想が作家さんに届いた感がしにくい。

 

メリットに書きましたが、僕ら版元やpixivさんも反響が分かると色々と出来る事も拡がって割りかし皆がハッピーになるかなという所です。ただ、デメリットもあるので次の形にいってみましょう!

 

 

2つ目。簡単です。

各作家さんのTwitterに直接リプライを飛ばす

 

うーん、これはちょっとばかり勇気がいりますがとても簡単ですね。作家さん達も忙しいので、お返事は中々返せないと思いますが、貰ったものはきちんと見てくれていて、それが次の話を作るモチベーションになったりするものです。ちなみにメリットとデメリットを書くと、↓な感じです。

 

■メリット

直接、読んだ時の感動や喜びをダイレクトに伝えられる。

 

■デメリット

出版元やpixivさんが反響があった事を知る事が出来ない。

 

デメリット部分の補足は1つ目のメリットの反対ということで、反響が可視化しにくい為、反響が視えていれば続刊した物も続刊が出来ないかもという事も……。とはいえ、Twitterって使いやすいじゃん。っていう時の為にもう一個あります!

 

3つ目!

Twitterで作品名込みか指定のハッシュタグで感想を呟く

 

これだと、特に勇気もいらないし、文字数もいらないので他より気軽ですね。編集Sは臆病なので、この方法とか好きです。ちなみにこれの場合は、作品名を付けるか、作品ごとにハッシュタグを決めておくと呟きやすいかなと思いますので、此処でお知らせを……!

(日本語・英語、何れか片方、使いやすい方で使うと良いと思います)

 

魔法使いの嫁

#mahoyome #まほよめ

 

■とつくにの少女

#totsukuni #とつくに

 

■終わりのち、アサナギ暮らし。

#asa_nagi #アサナギ暮らし

 

■竜の七国とみなしごのファナ

#juana7K #とのファナ

 

■バッフルとボク

#baffle_me #バッフルとボク

 

■捜査班動く!

#CISmove #捜査班動く

 

 

という所でしょうか。

今回、ご質問頂いた点については

『上記3点の中から好きなものを(可能であれば、1か3だと有り難い!)』

という感じの解答で御座いました。

 

作家さんに感想を伝えて、ドンドコ素晴らしい物語を読ませて貰おう精神で是非ともご意見・ご感想を拝見させて頂ければ幸いです。また、質問等があればこちらでもオルタナシブ公式でも編集長でもお気軽にお尋ねくださいまし〜。

 

それでは、また次回!

 

Alterna pixiv編集長 : 編集S